PROFILE

バッドラック・ファレ

■所属ユニット:
BULLET CLUB
■身長:
193cm
■体重:
156kg
■生年月日
1982年1月8日
■出身地
トンガ王国
■血液型
O型
■デビュー
2010年4月4日
■得意技:

バッドラックフォール、グラネード、フォーリングココナッツ、T-SHOCK、バックフリップ、

■入場テーマ
THE UNDER BOSS
■BLOG:
■Twiiter
@TOKSFALE
■Prdcast
■主なタイトル

IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級6人タッグ王座


トンガ王国の出身で、高校進学のためニュージーランドに移住。99年12月にデラサル大学を卒業する。02年4月、徳山大学のスカウトを受けてラグビー部に入部。大学卒業後の06年4月、サニックス株式会社に入社し、一部リーグ所属のサニックスブルースの一員として活躍した。08年3月に同社を退社したあと、トンガ人の友人(元力士)の誘いで新日本プロレスの入門テストを受験。見事に合格し、09年6月に入門する。デビューに際してリングネームを一般公募し、「トンガ王国の代表として誇り高く闘う」などの思いを込めてキング・ファレと命名。10年4月4日の後楽園ホール大会で、中西学を相手に破格のデビューを飾った。
10年9月、平澤光秀と入れ替わる形で青義軍へ加入。11年10月、永田裕志とのタッグで『G1 TAG LEAGUE』へ初参加した。
12年2月からの海外遠征を経て、13年4月7日の両国国技館にプリンス・デヴィットのバウンサーとして乱入。“ジ・アンダ−ボス”バッドラック・ファレと改名し、BULLET CLUB結成に参加する。
その後はグラネード、バッドラックフォールといった必殺技で勝率を急上昇させ、『NEW JAPAN CUP 2014』では真壁刀義、内藤哲也、シェルトン・X・ベンジャミンに勝利。決勝戦で中邑真輔に敗れたものの、準優勝の成績を残す。
14年6月21日の大阪大会で、中邑の持つIWGPインターコンチネンタル王座に初挑戦。バッドラックフォールで勝利を収め、第9代王座に輝いた。
14年9月21日、神戸大会で中邑の挑戦を受け、激闘の末最後は中邑のボマイェの前に沈み、王座から陥落した。
16年2月11日、大阪大会でNEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、矢野&マーク・ブリスコ&ジェイ・ブリスコを破り、高橋裕二郎&タマ・トンガと共に第2代王者となる。

得意技

PHOTO GALLERY

|
歴代チャンピオン
CHAMPIONS
全ての選手
所属ユニット

TOPへ↑
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.