PROFILE

石井 智宏

■所属ユニット:
CHAOS
■身長:
170cm
■体重:
100kg
■生年月日
1975年12月10日
■出身地
神奈川県川崎市
■血液型
O型
■デビュー
1996年11月2日
■得意技:

垂直落下式ブレーンバスター、雪崩式ブレーンバスター、ラリアット、パワーボム、パワースラム

■入場テーマ
STONE PITBULL
■BLOG:
http://ameblo.jp/ishiitomohiro/
■Twiiter
■Prdcast
■主なタイトル

IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級王座


WAR、FECを経て、02年長州力に弟子入り。03年には長州が旗揚げしたWJプロレスの「ヤングマグマトーナメント」で優勝。04年にZERO-ONE(現:ZERO1)に参戦し、高岩竜一とのコンビでNWA認定ライトタッグ王座に輝く。06年より新日本プロレスのシリーズに全戦参加し、矢野通と共闘。9月には因縁の相手であった真壁刀義&越中詩郎と「地獄の抗争 STRUGGLE4」で激突。10月には、矢野とのタッグで「G1 TAG LEAGUE」に出場。同時期に、天山広吉が結成したヒールユニットG・B・Hに合流し、真壁、越中とも共闘する。09年4月、中邑真輔、矢野が立ち上げた新軍団CHAOSに加入。
14年2月11日大阪大会で当時王者の内藤に挑戦し、激闘の末、垂直落下式ブレーンバスターで内藤を沈め、第3代NEVER無差別級王者となった。

14年6月29日、後楽園大会で高橋裕二郎の挑戦を受け、BULLET CLUBの介入もあり、最後は高橋のマイアミ・シャインの前に沈み、王座から陥落した。同年10月13日、両国大会で高橋の持つNEVER無差別級王座に挑戦し、最後は垂直落下式ブレーンバスターで高橋をリングに沈め、第5代NEVER無差別級王者となった。

15年1月4日、東京ドーム大会で真壁刀義に敗れ、NEVER無差別級王座から陥落した。
同年2月14日、仙台大会で真壁がインフルエンザのためNEVER無差別級王座返上となり、急遽組まれた本間朋晃とのNEVER無差別級王座決定戦に勝利し、NEVER無差別級王座に返り咲いた。
同年4月29日、グランメッセ熊本大会で激闘の末、真壁刀義に敗れ、NEVER無差別級王座から陥落した。
同年10月12日、両国国技館大会で真壁刀義の持つ、NEVER無差別級王座に挑戦し、最後は垂直落下式ブレーン・バスターで勝利し、31位9代NEVER無差別級王者となった。

16年5月3日福岡国際センター大会・IWGPヘビー級選手権試合で、内藤哲也に挑戦するが、ベルト奪取ならず。

得意技

PHOTO GALLERY

|
歴代チャンピオン
CHAMPIONS
全ての選手
所属ユニット

TOPへ↑
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.