PROFILE

小島 聡

■所属ユニット:
本隊
■身長:
183cm
■体重:
108kg
■生年月日
1970年9月14日
■出身地
東京都江東区
■血液型
A型
■デビュー
1991年7月16日
■得意技:

ラリアット、ダイビングエルボードロップ、CCD、コジコジカッター

■入場テーマ
RUSH!!
■BLOG:
http://ameblo.jp/f4koji/
■Twiiter
@cozy_lariat
■Prdcast
■主なタイトル

IWGPヘビー級王座、IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、G1 CLIMAX20優勝、G1 TAG LEAGUE3優勝、G1 TAG LEAGUE7優勝


90年10月、アニマル浜口ジムに入門。91年2月に新日本プロレスの門を叩く。7月16日、山本広吉(現:天山広吉)戦で浜口ジム出身の第2号レスラーとしてデビュー。94年3月、第5回「ヤングライオン杯」で全勝優勝し、12月に欧州遠征へ出発。96年1月に凱旋帰国。97年5月に中西学と組んで第31代IWGPタッグ王者に輝く。98年10月、nWoジャパンに加入し、武藤敬司と共に「SGタッグリーグ戦」を制覇。00年2月、蝶野正洋率いるTEAM 2000へ加入。また、天山とのタッグチーム“テンコジ”で、IWGPタッグ王者に2度君臨。01年12月には「G1 TAG LEAGUE」も制覇した。02年1月31日付けで新日本を退団し、全日本プロレスへ移籍。05年2月16日には川田利明を下し、第33代三冠ヘビー級王者に輝く。2月20日に新日本で行なわれたIWGP・三冠のダブルタイトルマッチにて、天山からIWGPヘビー級王座を奪取。史上初の四冠王に輝いた。06年8月、新日本退団から5年ぶりに「G1 CLIMAX」へ参戦して準優勝。12月、テンコジで「2006世界最強タッグ決定リーグ戦」にエントリーし、同リーグ戦を制覇。2007年1月4日「レッスルキングダム IN 東京ドーム」では、武藤&蝶野と対戦した。08年7月8日、飯塚高史らG・B・Hに袋叩きにされていた天山を救出。これを機にテンコジを復活させ、8月には「G1 CLIMAX」に参戦。10月には、7年ぶりに「G1 TAG LEAGUE」にエントリーし、2度目の優勝を果たした。09年10月12日には蝶野正洋25周年特別興行に参戦。中西、秋山準との“第三世代越境トリオ”を結成。10年に全日本プロレスを退団。ヒジの手術を完治させ、「G1 CLIMAX XX」参戦を表明。決勝で棚橋弘至を倒し悲願の初優勝。また10月には真壁刀義を倒し、IWGPヘビー級王者に君臨した。約1年間のフリー参戦を経た11年9月、新日本プロレスへ再入団。

14年1月4日東京ドーム大会で、当時王者のロブ・コンウェイに挑戦し、剛腕ラリアットでコンウェイを沈め、NWA世界ヘビー級王者となった。

同年4月6日両国大会で、天山広吉ともに、当時王者のロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン組みに挑戦し、天山がジャックス・ダンをムーンサルトプレスで沈め、NWA世界タッグ王者となり、NWAの2冠となった。

14年10月13日、両国大会でランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.の挑戦を受けるが、激闘の末最後はキラーボムの前に沈み、王座から陥落した。

16年7月3日岩手産業文化センターアピオ大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、ケニー・オメガ&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組を破り、リコシェ&マット・サイダルとともに、第7代NEVER無差別級6人タッグ王者となる。

17年3月6日、旗揚げ記念日・大田区大会で矢野&石井組が持つIWGPヘビー級タッグ王座に天山広吉と挑戦。小島がラリアットで矢野を沈め、第74第王者となる。

得意技

PHOTO GALLERY

|
歴代チャンピオン
CHAMPIONS
全ての選手
所属ユニット

TOPへ↑
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.