PROFILE

矢野 通

■所属ユニット:
CHAOS
■身長:
186cm
■体重:
115kg
■生年月日
1978年5月18日
■出身地
東京都荒川区
■血液型
B型
■デビュー
2002年5月18日
■得意技:

鬼殺し、裏霞、強力、鏡割り、赤霧、黒霧島

■入場テーマ
intoxication
■BLOG:
http://ameblo.jp/ytr-ebrietas/
■Twiiter
@YTR_CHAOS
■Prdcast
■主なタイトル

IWGPヘビー級タッグ王座、NEVER無差別級6人タッグ王座、WEWヘビー級王座、EPWタッグ王座


中学時代よりアマレスを始め、フリースタイル、グレコローマンで活躍。高校時代は全国高校選抜レスリング選手権、全国高校総合体育大会、国体で優勝に輝く。日本大学時代には、98年4月に世界学生選手権日本予選97kg級で優勝。00年8月に行なわれた全日本学生選手権ではフリースタイル、グレコローマンの両部門を制覇し、文部大臣杯を獲得する。大学卒業後、新日本プロレスのアマレス部門「闘魂クラブ」に入団し、02年1月21日に新日本へ入門する。5月18日、大和市スポーツセンターにおけるブルー・ウルフ戦でデビュー。03年8月31日、パンクラスにて渋谷修身と対戦。総合格闘技ルールに順応し、幅の広さをアピールする。04年4月、金髪、タイツ、ハッピ、下駄、傘、酒を用いるヒールレスラーに突如変身。05年10月にドイツへ単身渡り、ケンドー・カシンとのタッグで、初代EPWタッグ王座に輝く。帰国後の11月には、髪を黒く染め上げ、黒タイツ姿で登場。周囲を驚愕させた。06年3月6日、金髪に戻し、リキプロの石井智宏と結託。真壁刀義&越中詩郎と激しい抗争を繰り広げ、9月には「地獄の抗争 STRUGGLE4」と銘打たれたタッグマッチで幾度も対戦した。10月には石井とのタッグで「G1 TAG LEAGUE」に出場し、天山広吉、激闘を繰り広げた真壁&越中が結成したヒールユニットG・B・Hに合流。07年7月29日、「LOCK UP」で金村キンタローを下し、WEWヘビー級王座を獲得。08年2月17日、東京スポーツ新聞が選定する2007年度の「プロレス大賞」にて「最優秀タッグチーム賞」を授賞した真壁とのコンビで、ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコを撃破し、IWGPタッグ王座を奪取した。その後、同王座を4度防衛するが、09年1月4日東京ドームにチーム3D(ブラザー・レイ&ブラザー・ディーボン)に敗北し、王座陥落。4月5日、パートナーの真壁を裏切り、中邑と結託。新軍団CHAOSを結成。11年10月、棚橋弘至のIWGPヘビー級王座を強奪して私物化するも、同年11月のタイトルマッチで敗退。12年3月には、飯塚高史と共に天山&小島聡からIWGPタッグベルトを強奪。そして、5月3日福岡のタイトルマッチで勝利し、同王座を獲得。しかし、目に余る無法行為がもとで王座を剥奪された。

16年1月4日東京ドーム大会・NEVER無差別級6人タッグ王座決定戦で、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&タマ・トンガ組を破り、ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコとともに初代NEVER無差別級6人タッグ王者となる。

16年1月5日後楽園ホール大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、バッドラック・ファレ&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組を破り、ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコととにも初防衛に成功。

16年2月11日大阪府立体育会館大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&タマ・トンガ組に敗れ、防衛に失敗。

16年2月14日アオーレ長岡大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&タマ・トンガ組を破り、ジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコとともに第3代NEVER無差別級6人タッグ王者となる。

16年2月20日後楽園ホール大会・NEVER無差別級6人タッグ選手権試合で、ケニー・オメガ&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組に敗れ、防衛に失敗。

得意技

PHOTO GALLERY

|
歴代チャンピオン
CHAMPIONS
全ての選手
所属ユニット

TOPへ↑
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.