PROFILE

ザック・セイバーJr.

■所属ユニット:
鈴木軍
■身長:
183cm
■体重:
85kg
■生年月日
1987年7月24日
■出身地
イギリス・ケント州シェピー島
■血液型
■デビュー
2004年4月20日
■得意技:

ジム・ブレイクス・アーム・バー、ヨーロピアンクラッチ、変形ダブルアームオクトパスホールド

■入場テーマ
■BLOG:
■Twiiter
@zacksabrejr
■Prdcast
■主なタイトル

NWA UK ジュニアヘビー級王座、wXwライトヘビー級王座、wXw世界無差別級王座、ブリティッシュタッグ王座、GHCジュニアヘビー級タッグ王座、RPWヘビー級王座、PWG世界王座


2004年3月に母国・イギリスでデビュー。ヨーロッパ各地のリングやプロレスリング・ノアで活躍してきた実力者。2016年にはWWEクルーザー級クラシックにも出場。変幻自在の関節技、グラウンドテクニックのバリエーションで世界中のプロレスファンから注目を浴びる“英国の若き匠”。
イギリス出身の新世代3選手、ザック・セイバーJr.、ウィル・オスプレイ、マーティ・スカルを総じて、ブリティッシュ三銃士と呼ばれることもある。
2017年3月6日『旗揚げ記念日』で、新日本プロレスに初上陸。新日本ではジュニアヘビー級戦士から、ヘビー級戦士へと転身。同大会では、柴田勝頼を下し、RPWブリティッシュヘビー級王座のベルトを奪還。さらに試合後は、鈴木軍入りも表明。
同年4月9日、後藤洋央紀の持つNEVER無差別級王座に挑戦したが、王座戴冠ならず。
6月11日大阪城ホール大会で金丸義信&タイチとともに、SANADA & EVIL & BUSHIの持つNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦。5WAYの闘いを制することはできなかった。
7月~8月開催の『G1 CLIMAX 27』に初エントリー。優勝決定戦へ駒を進めることはできなかったが5勝4敗という好成績を残した。
9月16日広島サンプラザホールで、棚橋弘至の持つIWGPインターコンチネンタル選手権に挑戦したが王座戴冠ならず。
18年1月4日東京ドーム大会のNEVER無差別級6人タッグ王座・5WAYガントレットマッチにタイチ&飯塚高史とともに参戦。混戦を制することはできなかった。

得意技

PHOTO GALLERY

|
歴代チャンピオン
CHAMPIONS
全ての選手
所属ユニット

TOPへ↑
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.