NEWS
【今年の『WORLD TAG』は全14チームが総当たり!】ザック&タイチ、ジュース&フィンレー、吉田&海野が初出場!“前年度覇者”EVIL&SANADAもエントリー!!

11月17日(土)藤沢から幕を開ける『WORLD TAG LEAGUE 2018』の出場チームが発表された。今回は14チームが1ブロックで総当たりリーグ戦を12月7日(金)秋田まで行ない、ブロックの1位と2位が、12月9日(日)岩手での優勝決定戦で雌雄を決する。

なお、今回の『WORLD TAG LEAGUE』には、すでに1.4東京ドーム大会で対戦カードが決定しているケニー・オメガ、棚橋弘至、内藤哲也、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイトのエントリーが見送られた。
また、オカダはシリーズ全戦参戦。内藤は11月17日(土)藤沢~11月28日(水)水戸まで、棚橋、ジェイは11月29日(木)後楽園からの参戦となる。

■『WORLD TAG LEAGUE 2018』出場チーム
真壁刀義&トーア・ヘナーレ
天山広吉&小島聡
永田裕志&中西学
吉田綾斗&海野翔太
ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー
マイケル・エルガン&ジェフ・コブ
石井智宏&矢野通
バレッタ&チャッキーT
ハングマン・ペイジ&高橋裕二郎
タマ・トンガ&タンガ・ロア
鈴木みのる&飯塚高史
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.
ザック・セイバーJr.&タイチ
EVIL&SANADA



14チームが1ブロックで総当たりリーグ戦を行う。
公式リーグ戦はすべて30分1本勝負。
全ての勝ちは2点、全ての負けは0点、全ての引き分けは両チーム1点、無効試合は両チーム0点とする。
12月9日(日)岩手・岩手産業文化センターアピオにおいて、全公式戦終了時点の1位チームと2位チームが時間無制限1本勝負で優勝決定戦を行う。
得点が同点の場合はリーグ戦の直接対決の勝敗で順位を決定する。
なお同点チームが複数で直接対決の優劣がつかない場合は優勝決定戦進出決定戦(ルールは状況に応じて決定する。)を行う。

■真壁が“盟友”本間の無念をはらせるか? 第三世代の4選手がフル参戦!



真壁は昨年に続いてヘナーレとのタッグでエントリー。今年6月に長期欠場から復帰を果たした本間が、GBHコンビでの出場をアピールしていたが、今回は願い叶わず。盟友の無念の思いを背負った真壁が、極上の“本物のプロレス”を見せてくれることだろう。ヘナーレは昨年こそ抜擢出場の色合いが強かったものの、今年は上位陣に揉まれ経験値を増しただけに、その奮闘に期待が高まる。



天山広吉&小島聡組は出場チーム中唯一の7年連続の出場。小島は今年2月から左ヒザの負傷で長期欠場となるも、まるでタッグリーグに備えるかのように9月にグッドシェイプで復帰。IWGP歴代最多6度の戴冠を誇る“テンコジタッグ”が、そのコンビネーションで健在ぶりを披露するか?



テンコジと同じ第三世代の永田裕志&中西学組も出陣。過去に共にIWGPタッグを巻き、またIWGPヘビーを巡って名勝負を繰り広げてきた両雄。ベテランと侮ることなかれ、組んでよし戦ってよしの歴戦の猛者たちが、ストロングスタイルの真髄を見せてくれるに違いない。

■団体の垣根を越えた吉田と海野がタッグを結成! 怪力コンビのエルガン&コブ、“道場留学生コンビ”ジュース&フィンレーがエントリー!



今回話題を呼びそうなのが、吉田綾斗と海野翔太の団体の垣根を越えた若手ライバルタッグ。闘争本能ムキ出しでやりあっている二人が、タッグの祭典でどこまで爪痕を残すのか。失うものは何もない。大きなチャンスを掴んだ若武者たちのガムシャラなファイトを見届けてほしい。



イキのよさが目立つのはジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー組。昨年、ジュースはサミ・キャラハン、フィンレーは北村克哉と別々のコンビで出場したが、今回は気心知れた道場留学生コンビを結成。最近はタッグを組む機会が多かった二人が、メキメキとつけている力と底抜けの明るさでリーグ戦を盛り上げてくれることだろう。



マイケル・エルガン&ジェフ・コブ組も二年連続で出場。昨年の『WORLD TAG LEAGUE』で新日本初登場を果たしたコブは、レスリング五輪・グアム代表の底力を発揮。今年は7.7カリフォルニアでNEVER初挑戦を果たし、さらに現在ROH世界TV、PWG世界王座の二本のベルトを保持している(11/8現在)。言わずもがなの実力者であるエルガンとの強力タッグは、優勝戦線に絡んでも何ら不思議はない。

■CHAOSからはコンビネーション抜群の石井&矢野、バレッタ&チャッキーTがエントリー!



過去にIWGPタッグ戴冠歴を持つ石井智宏&矢野通組も昨年に続いて出場。11.3大阪で鈴木との死闘を制し、ブリティッシュヘビー級王座を守り抜いた石井の特攻ファイトと、相手をかく乱する知能犯・矢野のYTR戦法が、対戦チームをおびやかすのは必至だ。



CHAOSからはベストフレンズ(バレッタ&チャッキーT)も二年連続でエントリー。長身ながら躍動感あふれる空中技、小気味いいテクニックが持ち味のチームは、今年の9.17別府ではあのK・E・Sを相手に価値ある勝利をゲット。一気にタッグ戦線の中心に躍り出るべく、今回の『WORLD TAG LEAGUE』には並々ならぬ決意で乗り込んでくることだろう

■BULLET CLUB ELITEからはペイジ&裕二郎が参戦!“現IWGPタッグ王者”タマ&タンガもエントリー!



THE ELITEが送りこんだのはハングマン・ペイジ&高橋裕二郎組。昨年に続き出場するこのタッグは、過去にIWGPタッグ王座への挑戦経験を持つ強豪チーム。とくにペイジは今年の『G1』では、抜群の身体能力を武器に真壁や鈴木を破るなど躍進。裕二郎と共にタッグの祭典でも存在感を発揮しそうだ。



優勝候補の一角となるのが、現IWGPタッグ王者のG.O.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)。初出場の2016年、そして翌2017年は惜しくも準優勝となっているだけに、今回狙うのは優勝の二文字のみ。タマの機動力、そしてロアのパワーで、過去にどのチームも成し遂げていないタッグ王者としての“完全優勝”を成し遂げるか?

■鈴木軍からは3チームが参戦! 注目は初エントリーとなるザック&タイチ組!



鈴木みのる&飯塚高史組は通算3度目の出場。現在、鈴木は無冠状態ということもあり、そのイラ立ちをこのタッグリーグにぶつけてくる可能性大。セコンド介入に飯塚の大暴走と、無法ファイトで星取りに混乱をもたらすか? ほかのチームは大きな警戒が必要となる。



G.O.Dの対抗馬的存在のK・E・Sは5度目のエントリー。その巨体から繰り出す圧倒的な破壊力で、これまでIWGPタッグを4度巻いているK・E・Sだが、意外にも『WORLD TAG LEAGUE』での優勝経験はなし。今年は1.4ドームでIWGPタッグを陥落して以降、目立った活躍を残せていない荒くれ者たちが、ここで怒涛の巻き返しを見せるか?



注目の初エントリーを果たすのが、ザック・セイバーJr.とタイチの鈴木軍タッグ。ザックは持ち前のサブミッションを武器に、今年は『NEW JAPAN CUP』制覇やIWGPヘビー初挑戦を果たすなど飛躍。タイチも今年3月にヘビー戦線に殴り込みをかけ、『G1』出場こそ逃したものの、9月にはダーティーファイトを交えた戦法でNEVER初戴冠。共にシングルプレイヤーとして活躍する両者が、同門ながらも異色のタッグでどんな化学反応を残すのか。今シリーズの台風の目となりそうだ。

■2連覇を目論む“前年度覇者”EVIL&SANADAが堂々のエントリー!



そして今回、ディフェンディングチャンピオンとして参戦するのがEVIL&SANADA組。昨年初優勝した勢いを駆って、今年の1.4ドームではIWGPタッグを初戴冠。その後二度の防衛に成功し、上半期のタッグ戦線の主役となった。6.9大阪城で王座陥落以降、タッグとしての活動は減っていたものの、今回は二連覇を賭けて堂々エントリー。それぞれシングルとしても確固たる地位を築いているL・I・Jタッグが、その揺るぎないチームワークでタッグの頂点に再び君臨するか?

■『WORLD TAG LEAGUE 2018』
●11月17日(土) 18時30分~ 神奈川・藤沢市秩父宮記念体育館 <開幕戦>
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「アリーナA席」「アリーナB席」「2F指定席A」「2F指定席B」は完売となりました。

※「S席」は残りわずかとなりました。

●11月18日(日)18時30分~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「特別リングサイド」「リングサイド」「指定席」は完売となりました。
※当日券は立見のみ16:00より発売いたします。


●11月20日(火)18時30分~富山・高岡テクノドーム
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!

●11月21日(水)18時30分~新潟・新発田市カルチャーセンター
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「特別リングサイド」は残りわずかとなりました。

●11月23日(金)16時30分~神奈川・カルッツかわさき
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!

●11月24日(土)18時~埼玉・毎日興業アリーナ久喜(久喜市総合体育館)
★対戦カードはコチラ!
★チケット情報はコチラ!

●11月25日(日)17時~愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

●11月26日(月)19時~石川・小松市末広体育館(義経アリーナ)
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「特別リングサイド」「リングサイド」「2階特別席」は残り僅かとなりました。

●11月28日(水)18時30分~茨城・水戸市民体育館
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!

●11月29日(木)18時30分~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ! 

●11月30日(金)18時30分~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★チケット情報はコチラ!

●12月2日(日)16時~大阪・大阪府立体育会館・第2競技場(エディオンアリーナ大阪)
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「指定席」は完売となりました。

※当日券は「立見」のみ13時より発売いたします。お一人様最大1枚までの販売とさせていただきます。

●12月3日(月)19時~高知・高知県民体育館
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!

●12月4日(火)18時30分~兵庫・神戸サンボーホール
★対戦カードはコチラ!

★新日企画インターネット先行:10月3日(水)21時 ~
新日企画ホームページ http://www.nj-kikaku.com/
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」は残りわずかとなりました。


●12月6日(木)18時30分~山形・山形ビッグウイング
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」は残りわずかとなりました。


●12月7日(金)19時~秋田・ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ)
★対戦カードはコチラ!

★チケット情報はコチラ!

●12月9日(日)15時~岩手・岩手産業文化センター アピオ <優勝決定戦>
★対戦カードはコチラ!
★チケット情報はコチラ!
※「ロイヤルシート」はファンクラブ先行にて完売となりました。「ローソンチケット先行」及び一般発売でのお取り扱いはございません。何卒ご了承ください。
※「アリーナA」「2階特別席」は残りわずかとなりました。


|
TOPへ↑
NEWS-TOP
TOPICS INFO
EVENT MEDIA
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.