NEWS
「後藤は、すべての時期を逃した男」「防衛戦は、全員ジュニアとやる」!? “大逆襲”タイチにインタビュー!(後編)



いよいよ目前となった9月17日(月・祝)大分・別府ビーコンプラザ大会では、後藤洋央紀のNEVER無差別級選手権に挑戦するタイチ、同世代の後藤への心情、NEVER無差別級王座の大胆なプランまで、本音炸裂インタビュー(後編)!!

撮影/タイコウクニヨシ


★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開!

 
■後藤は何をしたんだよ? 結局は万年NEVERチャンピオン。もうすべての時期を逃した男だよな


──さて、タイチ選手。いよいよ今回は“本題”に入らせて頂きます。

タイチ なんだ? 後藤のヤローの話か?

――ええ。9月17日(月・祝) 大分・別府ビーコンプラザで対戦する、後藤洋央紀選手とのNEVER無差別級選手権に関してなんですけど。

タイチ まあ、ベルトは正直どれでも良かったんだけどよ、4つあるシングルのベルトのうち「一番簡単そうだな」と思ったからさ。

──あ、一番簡単そう。

タイチ フフフ。それ以外の理由はねーだろ。だって、『NEW JAPAN CUP』もそうだけど、チャンピオンでいる以上、あれは“出場免除”扱いだろ? 

──たしかに免除と言えば免除ですよね。IWGPヘビー、インターコンチネンタル、USヘビー、NEVERの各シングル王者は出ない方向で。

タイチ で、逆に言えば『G1』は、ベルトさえ持っていれば間違いなく選ばれるわけだ(ニヤリ)。

──なるほど。そのへんまで見越して「シングルベルトが欲しい」ということなんですね。

タイチ まぁ欲しいって言うか会社に嫌われてる俺だから、こんなベルトでも 「一個持っておけばなんでも通るんでしょ?」っていう話だからな。それと、逆に考えれば、『G1』に出られなかったヤツがチャンピオンになった時に、それを決めたヤツらはどう思うのか? 自分の身をもって、ヤツらの“世紀の大誤審”を証明してやろうというわけよ。今ベルトが必要な1番の理由はコレだろうな

──そのへんは執念を感じますね。ちなみにタイチ選手と後藤選手は年齢がほぼ同じですよね?

タイチ ああ、同学年でキャリアも同じ。中邑(真輔・現WWE)、田口(隆祐)、後藤……。あと一人、どっかに行っちまったけどヨシタツ(現フリー)が全員同期。で、ヨシタツ以外は全員同い年。田口なんて10日ぐらいしかデビュー日も変わんねえしな。

──なるほど。そういう同期の観点でいくと、後藤洋央紀というレスラーについてはどのように見てらっしゃってたんですか?

タイチ まあ、会社からいろいろチャンスをもらってたけど、最初にメキシコから帰ってきた時の『G1』(2008年)で優勝して、「G1のGは後藤のG」とか言ってたけどよ、それももう遠い昔の話だよなあ。そのあと、IWGPヘビーにいったい何回挑戦したんだよって。

──いまだに、後藤選手はIWGPヘビーだけは取れてないですよね。

タイチ だから、本当に栄冠らしい栄冠は『G1』優勝したっきりじゃねーの? それも海外から帰ってきてすぐの勢いでしただけで、そのあとアイツは何したんだよ? 結局は万年NEVERチャンピオン。もうすべての時期を逃した男だよな。今回の『G1』だってそうじゃん。チャンピオンでありながら、なんなんだ、あの成績は。

──ああ、負け越してしまいましたからね。

タイチ 3勝6敗だぞ? (Bブロックの)最下位タイだろ。だから、もういいよって。おまえもいろいろチャンスを逃したし、結局NEVERチャンピオン程度にしかなれねーし、年々落ちていっているわけだから。

──かつて、後藤選手は棚橋、中邑、真壁、後藤という感じで、新日本プロレスの“トップ4”と言われた時期もあったんですが。

タイチ だろ? だから、もうアイツはがんばんなくていいから。同い年だし、キャリアも一緒だし、気持ちはわかるよ。もうオッサンだし、いままでようがんばった。あとは田口と一緒に脱落してくれって。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

☆加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=324円(税込み)


|
TOPへ↑
NEWS-TOP
TOPICS INFO
EVENT MEDIA
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.