NEWS
【2月23日(金)後楽園“1日目”全カード!】ケニー&飯伏がチェーズとトリオ結成!Cody&ペイジ&スカル と激突!NEVER王者・後藤が未知の挑戦者ブルーザーと激突! キャッスルとバレッタがROH戦・前哨対決!



2月23日(金)、24日(土)後楽園ホール大会2連戦で行われるROHと新日本プロレスの合同興行『HONOR RISING :JAPAN 2018』の全カードが決定した。

■『HONOR RISING:JAPAN 2018』
2月23日(金)18:30~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★チケットは好評発売中!
※当日券は16時より発売予定

2月24日(土)18:30~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★チケットは好評発売中!
※当日券は16時より発売予定

■ついにケニーと飯伏が合体! 衝撃のBULLET CLUB対決が実現!

 初日のメインイベントは、衝撃のBULLET CLUB対決! しかも、ケニー・オメガと飯伏幸太が同じコーナーに並び立つという刺激的な対戦カードが発表された。

 事の発端は1月28日札幌大会。ケニーがジェイ・ホワイトにまさかの敗北を喫し、IWGP USヘビー級王座から転落。これをきっかけにケニーがCody、ハングマン・ペイジ、マーティー・スカルと大揉めになり、マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンとの関係にも亀裂が入ってしまう。

 そして、ついにはCodyが必殺技のクロスローズでケニーをKO! さらに、イス攻撃を加えようとするが、そこへかつての盟友である飯伏が現れてケニーを救出! リング上で抱き合い、一緒に退場するという感動的なフィナーレとなった。

 今後の展開が注目される中、今回の6人タッグマッチでケニーと飯伏の合体、BULLET CLUBの分裂は決定事項となった。翌日にはケニー&飯伏vsCody&スカルというタッグ戦も組まれており、ケニー派とCody派の全面抗争は避けられそうにない。

 ゴールデン☆ラヴァーズ復活及びBULLET CLUB対決という図式は、今後のプロレス界を左右する一大事件だけに、全世界が注目する好カードだ。

■NEVER王者・後藤に新たな刺激! 未知なる刺客ブルーザーが挑戦!

 セミファイナルは、<王者>後藤洋央紀vs<挑戦者>ビアシティ・ブルーザーのNEVER無差別級選手権試合。

 後藤は、昨年4月の広島大会で鈴木みのるに敗れ、同王座から陥落。6月のリターンマッチでも敗れ、どん底へ落とされた。だが、今年の1月4日東京ドーム大会で“敗者髪切りデスマッチ”というリスクを背負い、ついに鈴木へ雪辱。ベルト奪還を果たした。

 初防衛戦の相手は、LOS INGOBERNABLES de JAPONのEVILとなり、両者は2月10日大阪大会で激突。後藤はこの一戦を“EVILの除霊マッチ”と位置付け、巨大な数珠を携えて登場。途中、その数珠を逆利用される場面はあったものの、最後はGTRで快勝を収めた。

 試合後、後藤は「このベルトは、俺に新鮮で刺激のある光景を見せてくれる」「いま面白くてしょうがない。もっと楽しみたい」と充実のコメント。その言葉どおり、早くもROHから次なる刺客が来襲した。

 ブルーザーは2001年にデビューした188cm127kgの選手で、WLW(ワールド・リーグ・レスリング)を始めとした数々の団体で活動。2015年1月からはROHに参戦し、ダルトン・キャッスルとの抗争などで活躍している。後藤にとってはまさしく未知のチャレンジャーとなるが、“ダークネスワールド”から生還したいまは絶好調。臆することなくタイトルマッチへ臨むだろう。あるいは、数珠に続く新たな秘策を講じるかもしれない。

■キャッスルとバレッタがROH世界戦の前哨対決で激突!

 第5試合の6人タッグマッチは、翌日に行われるROH世界選手権試合<王者>ダルトン・キャッスルvs<挑戦者>バレッタの前哨対決。

 キャッスルのチームメイトには、日本が誇る“コスプレ王子”田口隆祐が登場。昨年のROH興行では“孔雀パフォーマンス”で競演するなど、試合以外の楽しみも多い。また、もう1人のパートナーであるジェイ・リーサルは、元ROH王者の強豪である。

 一方、バレッタのチームメイトは、昨年の『WORLD TAG LEAGUE 2017』のパートナーであるチャッキーTが登場。今回も“ベストフレンズ”としてバレッタを全力サポートするだろう。そして、もう1人は現IWGP USヘビー王者の“スイッチブレード”ことジェイ・ホワイト。心強い援軍を得たバレッタとしては、ぜひともここで勝利してタイトル奪取に弾みをつけたいところだ。

■“驚異のJr.戦士”ゴードンが初登場! KUSHIDA、ヒロムと3WAY戦を敢行!

 第4試合では、Jr.戦士たちが3WAYマッチで対決! IWGP Jr.ヘビー級王座を争うライバルであるKUSHIDAと高橋ヒロムに、ROHの新鋭フリップ・ゴードンが加わり、新時代の“エアファイト”を繰り広げる。

 この大舞台に抜擢されたゴードンは、2015年にデビューした新人ながら、驚異の空中殺法で早くも頭角を現した逸材。その一挙手一投足は、必ずや見る者をくぎ付けにするだろう。このニューカマーの登場で、新日本プロレスのJr.勢力図が激変する可能性もある。その瞬間をぜひ後楽園ホールで目撃してもらいたい。

■ケニー&BULLET CLUBとの関係は!? 渦中のヤングバックスが登場!

 第3試合では、ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレーが、マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンと対決。

 マット&ニックのヤングバックスといえば、1月28日札幌でケニー・オメガと仲違いしたことが記憶に新しい。今回、発表された2連戦の対戦カードではケニーと絡むことはなく、その動向が注目される。

 2人はいま何を思い、今後、ケニーやBULLET CLUBとどうかかわって行くのか!? そのヒントがこの一戦で垣間見えるかもしれない。

■NEVER 6人タッグ前哨戦でライガー組とトンガブラザーズが対決!

 第2試合は、翌日に行われるNEVER無差別級6人タッグ選手権試合の前哨マッチ。挑戦者組の獣神サンダー・ライガー&デリリアス&チーズバーガーが、タマ・トンガ&タンガ・ロア&ヒクレオのトンガブラザーズと対決する。

 大将のバッドラック・ファレが不在とはいえ、ライガー組はヒクレオを“仮想ファレ”として勝利をあげておきたいところ。異色トリオゆえの連携も未知数であり、ここでのシミュレーションは非常に重要になるだろう。タイトルマッチを占う意味でも、その闘いぶりをしっかりと見届けたい。

★ROH×新日本プロレス『HONOR RISING:JAPAN 2018』特設サイトはコチラ!

■『HONOR RISING:JAPAN 2018』
2月23日(金)18:30~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★チケットは好評発売中!
※当日券は16時より発売予定

2月24日(土)18:30~東京・後楽園ホール
★対戦カードはコチラ!
★チケットは好評発売中!
※当日券は16時より発売予定


|
TOPへ↑
NEWS-TOP
TOPICS INFO
EVENT MEDIA
サイトトップへ
(C)NEW JAPAN PRO-WRESTLING CO.,ltd.